暮らし

名著「女の機嫌の直し方」から学ぶ、妻を怒らせない方法


やんぱちです。

妻を怒らせることにはちょっと自信があります。

でもできることなら怒らせたくなんかありません。

今回、素晴らしい本に巡りあったので、共有しますね。

この記事は、下記のような方たちに向けた記事です。

  • 女性を何故かいつも怒らせてしまう男性
  • いま現在、夫婦喧嘩中のダンナさん
  • 女心に興味があるモテたい男子

女の機嫌の直し方

「女の機嫌の直し方」 黒川伊保子著(インターナショナル新書)

人工知能の研究者である著者が、「女の機嫌」という人類最大の謎に、脳科学とAI研究で解明してくれています。

著者のエピソードも秀逸で、夫婦のあるある話ではクスリと笑えて、ご家族との心温まる話もあって読み応え十分の一冊でした。

裏表紙にはこう書かれています。

女性脳を知り、女の機嫌の直し方がわかれば生きるのがぐっと楽になる。

すべての男たちに贈る福音の書!

ウチの家庭も結婚3年目ではありますが、それなりに山あり谷あり、そしてまた谷あり。

いま現在、なんとか円満なので、このように記事を書いていますが、家庭内が暗い谷底にいる時はマジで息苦しいですよね。思い返したくもないです。

でも今回、この本に出会えて本当に良かったと思っています。

僕なりに読み込んで、噛み砕いたエッセンスをお伝えいたします。

女性にはとにかく「共感」せよ

男と女は脳も別物。

女はプロセスを大事にして、男はゴールに重きを置く。

女性脳は共感のため、男性脳は問題解決のためにことばを紡ぐ。

この本のキーワードであり、この一点だけ覚えてもらえば十分と筆者も言っています。

女性には「共感」

1に共感、2に共感、3、4も共感しながら、5も共感。

そうです、とにかく共感するのです!

女性の溢れる感情によるストレスが共感されることで、軽減されるのだそうです。

ここで具体例をひとつ。

妻に「なんだか、腰が痛くて、、」と言われた時、あなたなら何と答えますか?

「医者に行ったのか」

これは男性特有の「問題解決」すればいいじゃん、という思考。これではダメ。

「あー、腰が痛いのか、それはつらいなぁ」

共感とは、相手のことばの反復と同情です。

これを肝に銘じましょう。

しかし、そんないちいち共感なんかしてられるかい!と思ったアナタ。

無理して共感するか、共感をしないでからまれるか。

男はそのどちらかを選ぶしかない。

ここは男の度量を見せましょう。

それで女性がニコニコして、うまく家庭や職場が回るならいいじゃないですか。

女性に謝るときの鉄則

どんなに気を使って、共感しても怒らせてしまう時もありますよね。

そんな時に女性に謝るときのコツも教えてくれています。

僕もよくやってしまうのが、悪いとも思ってもいないのに、

とりあえず謝っておこうという「ゴメン、ゴメン」。

これは当然NGです。

女性の気持ちに言及して、謝る。

たとえば、待ち合わせに遅刻してしまった時、

「ごめん、部長に呼び止められちゃってさ」

仕方ないですよね、仕事ですから。

でも、女性の気持ちにこれでは寄り添っていないのです。

「寒かったでしょう(暑かったでしょう)心細かったよね、ごめん」

女性は遅れてきた結果よりも、心細い思いをした経過の方に重きを置いているわけです。

ここでしなければならないのは、彼女の気持ちを汲み取ること。

「気持ちを察しない=大切に思われていない」という考えに至るのが女性の脳。

僕もそこまで察するのも得意ではありません。

察することができなくて、なじられたらこう言えばよいのです。

「きみの気持ちに気がつかなくて、ごめん」と。

最後に

他にもたくさんの見所が本書にはありました。

たとえば、

  • デートの満足度を上げる方法
  • No.1ホストの魔法のことば
  • ヤ行音という上級テクニック

など、タメになることがたくさん載っていましたので、

ぜひ本書を読んでいただければと思います。

そのうち僕もまた、妻を怒らせた時に確実にお世話になる本です。


女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書)