暮らし

共働き子育て中のサラリーマンが平日に4時間の自由時間を捻出する方法


やんぱち
やんぱち
自分の時間ってありますか?

僕は平日に約4時間の(自分ひとりの)自由時間を確保しています。
試行錯誤を繰り返して、たどり着いた時間捻出法です。

睡眠は削らずに、家庭円満がマイルール。

時間の大まかな内訳は、

  • 通勤電車の中で往復2時間
  • 出社前のカフェで45分
  • 夜寝る前に1時間
  • 昼休みで30分

トータル4時間15分ほど。
もちろん日によって多少変わってきますが。

僕は埼玉県在住で都内に電車通勤するサラリーマン。夫婦共働きで1歳児を育てています。

似たような環境の方には参考になるかと思いますので、ご紹介しますね。

共働き子育て中のサラリーマンが平日に4時間の自由時間を捻出する方法

まず、僕のざっくりタイムスケジュール。

05:00 起床 朝食や子供の着替えなど
07:30 保育園の送り
08:00 通勤
09:00 カフェ
10:00 出社
12:00 昼休み
13:00 午後
19:00 退社・通勤電車
20:00 夕食・お風呂
21:00 自由時間
22:00 就寝

※赤文字が自分の時間

目的を明確にする ー何のための自由時間かー

まず自分の時間を作る目的を明確にした方が継続しやすいです。

今思えば独身時代は自分の時間しかありませんでしたが、家族を持てばそんな甘いことは言ってられません。

自分の時間に何をするかで、今後の人生変わってくる気がします。

睡眠をとるのも、ゲームでリフレッシュするのも大事です。しかし目的意識を持たないと、時間はあっという間に過ぎ去ります。

僕の場合、自分の時間はブログを書くためです。

まずは目的を明確にしましょう。

電車の中

朝の通勤電車はギュウギュウで逆に体力を奪いますし、運良く座れても寝てしまうという方も多いと思います。

僕は毎朝確実に座って、みっちり1時間好きなことをしています。

なぜなら始発列車に乗るからです。

始発駅まで移動するのに多少時間がかかったとしても仕方ありません。

立ちっぱなしの40分より、座って60分の方が当然疲労もなく作業に集中できるのです。

埼玉県在住の僕の場合、少し遠回りして大宮駅始発の京浜東北線に乗って都内通勤しています。その約1時間を有意義に活用しています。

しかし、帰りは座れるかは運次第。そこは割り切っています。

出勤前のカフェ

いわゆる朝活というヤツです。

会社近くのカフェでギリギリまで過ごします。

しかし毎日となるとコーヒー代もバカにならないし、図書館とかも検討しましたが、カフェに落ち着きました。

なぜなら、コーヒー代の元を取ろうと集中できるから。

ケチくさいことを言ってますが、ブログでコーヒー代を稼ぐのもカンタンではないですからね。

僕の場合、朝の支度、保育園の送りなどを済ませると、会社近くの朝カフェで捻出できるのが45分ほど。

やってみるとわかりますが、会社に行くとすでに脳ミソ起きてるのですぐに仕事に取り掛かれるので一石二鳥です。

夜寝る前

僕の場合、帰宅は大体20時半くらい。

7時間の睡眠を取ろうとすると、22時就寝です。

帰宅したら、妻が用意してくれた夕食を済ませます。

この時の夫婦の会話がとても大事!

妻は仕事を終えてからの保育園の迎え、息子の夕食、お風呂、寝かし付けまでこなしてクタクタなのですから。

やんぱち
やんぱち
いつも大変感謝しております
嫁
ウム、よろしい 

洗い物は僕の担当なので、慣れたもの。

お風呂もチャチャっと入り、いつでも布団に入れる体制で自分時間を迎えます。

当然、テレビは見ませんよ。見たい番組は録画して、週末に。

ちなみに我が家で必ず毎週録画しているのは、テレビ東京の「家ついて行ってイイですか」だけです。

この時、調子が良くても、決まった時間に寝ることが大事です。

睡眠を削っても、次の日の効率がガタ落ちになりますからね。

まとめ

ラクに時間を生み出す魔法はありません。

目的意識を持って、スキマ時間に集中するのみです。

なまけゴコロや時間泥棒の誘惑に負けてはいけません。むしろ、眼中にすら入れないことがポイントです。

最後に、自分の時間も大切ですがそれ以上に大切なのは、パートナーや家族であり、彼らと自身の健康です。

くれぐれも周りの人あっての自分ということを忘れないようにしましょうね。

ご覧いただきありがとうございました。